language

講座紹介

教授ごあいさつ

寳金 清博

脳や脊髄が「治らない」時代から「治る」時代へ

北海道大学病院神経細胞治療研究部門のホームページをご覧頂きありがとうございます。100年近く前から、脳や脊髄の病気は一旦傷害された場合回復は不可能と言われてきました。しかし近年の再生医療・細胞医療の発達によってそれは変わろうとしています。神経細胞治療研究部門は北海道大学脳神経外科と共同し、来たるべき再生医療・細胞治療時代に向けて大学病院として患者様の立場に立った診療・研究を進めるため設立されました。

本ホームページの目的は
①脳や脊髄の病気に苦しむ患者に適切な再生医療の情報を提供すること
②国内で行われている治療や治験を紹介すること

としております。 1日でも早く、麻痺などで苦しむ患者様がより良い生活を送れるよう努力したいと思います。

北海道大学名誉教授
神経細胞治療寄附研究部門 客員教授

寳金 清博

本研究部門は、北海道大学病院の一部門で、以下の4つのテーマを持って開設されております。

  • 幹細胞開発

    幹細胞開発

    臨床で使用することを念頭においた、神経疾患の予防・病状軽減・回復促進に役立つ安全で有効性の高い幹細胞の開発

  • ルール作り

    ルール作り

    細胞移植技術や評価方法などの最適化・標準化と神経疾患に関するガイドラインおよびレギュレーションの更新

  • 人材育成

    人材育成

    細胞治療を支える人材の教育と育成

  • 産学官連携

    産学官連携

    大学の幹細胞研究を患者に届けるため、適切な企業とのコラボレーション